また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、

何人の調査員が動くかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。持ちろん、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。そして、尾行時に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあります。浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査期間は短くなりますので、調査にかかるお金は少なくなります。といっても、いつ浮気をしているのかを把握していても、友達に何とかきいてもらって、写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いはずです。知られずに証拠写真を手に入れるには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。例え、配偶者が浮気している場合でも夫婦生活をつづけていきたいのであれば浮気相手との逢引現場にむかうのはやめるべきです。浮気していることが明らかになってしまうとパートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥ることがあるでしょう。その上、浮気相手との会話によって大きな(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)になってしまうのです。不倫をされてしまったら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があっ立と認められる場合、慰謝料を請求することができません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛をうけたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど総合的に判断して裁判所が決定します。まず探偵について見てみるならば、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして表立ってリサーチを行なうようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考える事が出来るでしょう。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在いる場所を把握したり、データログを後から読み出し行動の様子を分析したりします。普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できるでしょう。依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばいいのではありません。浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。沿ういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信頼に値する探偵と言えます。探偵が信用できるか否かは、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に判断する事を心掛けてちょーだい。地図上の場所がわかる機械を用いて、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、パートナーが現れるはずですから、その実態を把握することは可能です。あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。GPS装置がつけられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。

上野 包茎

About The Author

user221

Comments are closed.